酵素とは

酵素(こうそ)とは、生物の体内でおこる化学反応に対して
触媒として機能する分子のことです。タンパク質が元になって
できています。

酵素は、タンパク質の1種ですから、
熱やPHで変化が起きます。

酵素を効率的に使いたい場合は
熱を加えないほうがいいのは
変成をさけるためですね。

酵素には、種類がいろいろあります。
体内に存在する酵素には
代謝酵素、消化酵素、腸内細菌酵素の3種類があります。
どれも体の健康にとって必須の酵素たちです。

体内には、たくさんの酵素が存在します。
その数が5000種類位とも言われています。

そして食べ物が持っている酵素が
食物酵素です。食物の野菜などに含まれる
酵素のことです。食べるときには役立つのですが
体内で消化分解されてしまいます。

食物、野菜や果物や他の生命など
自然界に存在する酵素は25000種以上
言われていますし、まだ未発見の
酵素もたくさんあるそうです。

すごいですね。

さて、私たち人間は、加齢とともに
酵素の数も減っていきます。
酵素が減ると、不健康になりますし
太りやすくなって病気になりやすく
吹き出物などもできやすくなってしまいます。

ですから、酵素を補ってあげて
体内の酵素も増やして強くすることで
エイジレスな美肌と健康やダイエット効果も得られますし
病気になりにくい体作りもできてきます。

体内の酵素の中で代謝酵素は、
体の代謝を助けてくれる酵素です。
内臓や筋肉の修復とか解毒作用などで活躍してくれます。

そして消化酵素は、口から入った食べ物を
吸収しやすいように消化(分解)してくれる酵素のことです。

薬でも消化酵素の一種のジアスターゼを
消化を助けるために、お腹をこわした
患者さんに出していました^^
胃腸薬にも入っていますね。

ジアスターゼとはデンプンやグリコーゲンの分解を
促進して糖にする消化酵素です。
大根に入っています。生の大根ですね。
加熱するとジアスターゼの働きは失われます。
だから胃がもたれたときは、大根おろしを食べるといいです。

話を戻します。

腸内細菌酵素は、体の他の酵素が分解できなかった
食べかすの消化や解毒や代謝酵素の材料に
必要なアミノ酸やビタミンを作ってくれますから
他の酵素を助ける作用をします。
腸内細菌の善玉菌の働きです。

腸内細菌には善玉菌、悪玉菌、日和見菌と
3種類に分けることができる細菌が1000兆個も
住んでいます。

日和見菌は、善玉菌が増えれば善玉菌を助けますし
悪玉菌が増えればそちらに動くので日和見菌なのですね^^

ですから、体内の酵素を強くするためには
この中の善玉菌である乳酸菌、ビフィズス菌などを
増やすことが必須となります。

そのためには、日頃から
腸内細菌の善玉菌が増える食べ物や
サプリメントや酵素を補給してあげるといいわけです。

主人は、善玉菌の栄養分になる良質な
オリゴ糖を複数含むカイテキオリゴを毎日飲んでいます。
これで腸内の善玉菌が増えて酵素が作られやすくなるんです。
カイテキオリゴの体験
私も時々飲みますが、便秘にも下痢にも効果があるので
助かっています^^

私は、その他に植物酵素の発酵食品でもある
優光泉酵素ドリンクを飲んで酵素を補給しています。
完全無添加の優光泉酵素ドリンクの口コミと体験
ダイエット効果だけでなくお肌に透明感が
でてすべすべになりますし元気になっています。

酵素