酵素と酵母の違い

酵素と酵母の違い

酵素と酵母、どちらも美容や健康にいいものという
認識を持たれているでしょう。

しかし、この2つは名前は似ていても
その実態は全くの別物です。

酵素は化学物質で、酵母は生き物であるという
大きな違いがあるからです。

酵素とは、主に腸内にある化学物質です。
食べ物を消化・分解する働きを持っている酵素は
消化酵素とも呼ばれます。
消化酵素がないと、食べ物を食べても消化されず、
体に取り込んでエネルギーにすることもできません。

酵素とはつまり、人が生きていく上でなくてはならない物質です。
成長することにも、活動することにも、
生殖することにも酵素が必要だからです。

呼吸、運動、怪我の治癒なども
体の代謝酵素が働いてくれるからこそできるのです。
体内のあらゆる反応を起こすのが酵素と考えて良いでしょう。

酵母はそれに対し、自然の土、水中、植物、樹液、
花の蜜、果物などあらゆる所に生きている菌・微生物のことです。
もちろん人の皮膚や体内にも存在します。
カビ、麹、納豆菌、乳酸菌なども酵母のひとつです。
発酵するという能力こそが酵母の特徴で、
アルコール、パン、味噌、チーズなどを作るのに必要です。
酵母と酵素は別物ですが、
酵母には酵素が含まれているという関係性もあります。

酵母のサプリメントもいろいろありますが
飲みやすくてダイエット効果や健康増進効果が
高いと人気なのがカメヤマ酵母ですね。
>>>生きてる酵母菌と植物ミネラル【カメヤマ酵母】

そして加齢とともに体内の酵素が減ってきますから
補ってあげるといいですね。
手作り酵素も作っていますが、プラスして
酵素サプリメントも時々飲んでいます。
私が最もお気に入りの酵素は優光泉酵素ドリンクです。